つくる ICT ~2010年までPCできなかったマイクロソフトMVPのブログ~

アクティブでクリエイティブな、そして楽しいICT活用のカタチを発信します

ICTを、教育現場でどう「活用」していったらいいか考えるブログです。機器そのものの利用だけでなく、教材作りも初心者の方でもわかる楽しい内容で考えていきたいと思います。ICT活用のカタチをいっしょに創っていきませんか?
それと、手話や聴覚障害者のことも発信していきます。

■ iPad、使いはじめてから1年 iPad、私が購入したのは2011年の暮れです。WiFiの32GBモデル。iPad2です。2012年の春にiPad3(3とは言ってませんが)、秋にiPad-miniが出てますが、購入はしていません。基本的にタブレット(PCでもそうですが)はアプリをどう使いこなすかが ...

■ あけましておめでとうございます あけましておめでとうございます。…といってもこれ、大晦日の夜に書いています。年末年始のテレビってつまらなくて見る気がしないんです。 この時期、わたしは大好きな推理小説を読みあさるんですが、仕入れに本屋に行ったら閉まってま ...

※ わたしの家ではありませんので…。念のため。ミニチュアです。■ 今日、大晦日です このブログ、多くの小学校の先生方に見ていただいているようですが、年末年始でちょっとゆったりされているのか、おとといからたくさんアクセスをいただきました。ありがとうございます ...

※上のPPファイル、どちらもクリックして見てください■ 2008年、まだアナログでした 小学3年生の社会科の勉強で、4年前の2008年に作ってみたPowerPointが上の「大きくつかもう!」です。単元は「私たちの学校のまわり」なんですが、まずは大きなことからつかませたいなと ...

■ いくつになってもクリスマスは何かほしくなる あと1週間ほどで2012年も終わります。このブログを更新してるのはクリスマスイブの12月24日。何歳になってもクリスマスになるとなんかほしくなるもの。昨年はiPadでした。わたし、ヨドバシ梅田から一駅のところに住んでま ...

■ なんと1.7GBのPowerPointファイルです  前回のブログで、「下水道の手話」の一部分を紹介しました。このPowerPoint版「下水道の手話」、ぼちぼちキッズの聴覚障害児の下水処理場見学のシーンも入れたのでデータ容量が約1.7GBにもなりました。さすがにこれだけの大容量に ...

■ PowerPointにビデオ挿入は簡単だけど、Web公開は難しい! わたしがこの夏から取り組んできた「下水道の手話」のPowerPoint版作り、下水処理場の職員の方々の協力をいただき、11月にようやく終え、年明けには全国のろう学校の先生方にお贈りしたいと思っています。 ブロ ...

■ 小数は小学算数の高いハードル 「小数」は、「単位当たりの量」と並んで、多くの小学生が苦手とする単元です。基本は、「10で分けて(割って)いく」ことの繰り返しなので、分母がどんな数にもなる分数よりは簡単なんですが、あの、小数点の後に0が何個も続くのは見ただ ...

■ 大阪市教育委員会の「はーと&はーと 絵本原作コンクール」 大阪市教育委員会が1988年に始めた「人権絵本原作コンクール」というのがあります。今は、「はーと&はーと 絵本原作コンクール」という名称にかわっていますが、毎年、人権をテーマにした絵本原作を募集し、 ...

■ 手話通訳について 手話を日常的なコミュニケーション手段とする聴覚障害者が、手話を知らない人と話す、話をつかむという場合、いろいろな方法があります。一般的な方法は「筆談」でしょう。今は、パソコン通訳というのも広がっています。しかし、筆談がすべての場合にお ...

↑このページのトップヘ