校外学習のビデオ編集、終わりました。
 ごみ工場の見学のビデオ編集、昨日の午前11時に始めて、今日の午前9時に終わりました。もちろんぶっ続けではありません。かかった時間は正味13時間です。
 40分のビデオを11分に編集しました。11分というのは、子どもが集中して見るのにバッチリの長さです。約30分をそぎ落としたわけですが、これをやっているとテレビ局で働いている人の大変さがよくわかります。
 今回の校外学習でわたしが撮ったシーンは70コマほど。この「コマ」というのはわたしが勝手に言っている言葉ですが、録画ボタンを押してストップするまでが1コマです。70コマを全部チェックして、秒単位でカットしました。
 70コマというのはしんどいんですが、こまめにストップボタンを押すのが大切です。VideoStudioが押した分、きれいに分けてくれます。もし、例えば、40分間押さないで撮り続けたらどうなるかというと、これが1コマで、これ一つだけなんです。この中からいいシーンを選び出すのはとても無理です。ビデオ編集ソフトはあくまで自分で加工するためのもの。ソフトがいいシーンを選び出してはくれません。いいシーンは自分の感性で選びとらなければなりません。あたりまえですが、これ、非常に大事なことでして…。

ちょっと変えたものをアップします。
 昨日のブログで、ビデオ編集する際に大事なポイントをいくつか述べました。それを「忠実に」守って編集しましたので参考までにアップします。個人情報保護のため、人物は一切映っていません(※実際のものには、もちろん子どもたちの楽しい顔がいっぱい映っています)。それと、Youtube用に短めに時間設定しました。わたし、Youtubeを見るとき、真っ先に目が行くのは時間です。5分もあるものじゃいやになります。ですから、このブログでもアップするときは見ていただいている方の時間的余裕を考えて2分以内にするようにしています。

つねにレベルアップをめざして…
 ごみ焼却工場の見学ビデオを作るのは、今回で5本目です。昨年も4年生担任で作ったので、編集にとりかかる前に昨年のものを見てみました。このへんはコーヒー飲みながらのんびりと…。でも、見ながら改良点はメモにとります。「ここに、Youtubeから切り取って挿入しようか」「あっ、地図がほしいな」「ここんとこ、長すぎたな。間延びしてるなあ」って感じで…。
 そういうことをまとめたら、あとは作業するだけです。Googleの地図の挿入は簡単です。Googleの地図を出して、スクリーンショット。それをJpegファイルにして挿入しただけのもの。次は、ストリートビューそのものを埋め込んでみようと考えています。
 まあ、こういうことやってると13時間かかりますね。一応、ご覧ください。


昔、タバコを吸ってたときは、この作業が終わっての一服が最高でした。やめたんで、今は夜のアルコール。
ビデオ、学校で子どもたちと一緒に見るの、楽しみです。