iMovie時計ロイロノート趣味

夏のワーク、いっぱい
 少し暑さが和らいでいます。わたしの部屋、マンションの14階。朝は窓をあけると「あれ? 秋?」って感じです。
  遠い昔の受験生のころからのクセで、今、夏のワークを考えてます。こんなにできないだろう? こんなことできないだろう?と誰しもが思うようなことをプランにして、自分にプレッシャーをかけるのが私流のやり方です。
 いくつかあるんですが、マスターしておきたいのはEPUBをしっかり理解すること。もちろん、電子書籍の大量アップに向けてのことです。自分でEPUBを書けるようになりたいと思います。

楽しく学ぶビデオ講座をやりました
 わたしが関わっているデフサポートおおさかで、昨日、初めてのビデオ講座を開きました。約10名の参加。なかには、ビデオ編集どころか撮影もほとんどしたことがないという方もおられました。最初から経験者だけに絞った講座というのはわたしの頭の中にはなかったので、初心者の方々の参加はうれしかったです。
 どういった方々が参加されるのか事前にだいたいわかっていたので、今回は難しい技術的なことよりも「ビデオ編集って、楽しいやん。けっこう簡単やん。」って感じてもらえることをメインの目標にしました。

やっぱり、iPad、すごい!
 そのために、わたしが考えた方法がiPadの使用。PCの利用はビデオ編集ソフトを使用しますが、いきなり、これの編集光景を得意気に見せても初めての方は「やっぱり、自分には難しいな…」となってしまいます。こういうのは嫌なんで、iPadを利用することにしました。
 使用アプリはカメラ、iMovie、ロイロノートの3つだけ。上の画像はiMovieの編集画面ですが、「秒針が00の位置から始まるようにしてください。つまり、00より前の部分をトリミング(切り捨てて)してください」というような練習をしました。iPadに初めてさわる、高齢の方がすぐにやってしまったのにはわたしもびっくりしました。う~ん、Appleのスティーブ・ジョブズ氏のすごさをあらためて実感しました。次に、ひとりひとり自分の趣味を手話ってもらい、それを撮って同じようにiMovieで編集して、それをロイロノートで編集してみましたが、ロイロノートもすごい! すぐに直感的に理解されたようです。

余談
  iPadの使用、今回はプロジェクターを使ってどんな操作をするのか、みんながわかりやすいようにしました。午後からだったんで、午前中は「よっしゃ、これでばっちり!」って、余裕でコーヒー飲んでたら、「? ? ?  オレ、なんか、忘れてない?」って…。iPadとプロジェクターをつなぐアダプターを職場に忘れてました。休日に職場に入るの、かなり難しいです。「なんにもでけへんやん。どうしよう…」ってちょっとパニックに…。こうなると解決方法はひとつだけ。自転車に乗って心斎橋のAppleStoreへ同じものを買いに…。まあこれは団体用の共用備品ということに…。自分がやりたい方法をくずしたくない場合、こういう出費はやむをえないことと思っています。

次回は8月25日(日) 1:00~4:00    デフサポートおおさかにて
  「夏」をテーマにした3分以内の映像持参を「宿題」としています。