2015  中之島まつり


今年で27年連続のまつり参加
  中之島まつり、わたしは今年で27年連続の参加です。このまつり、5月3,4,5日の3日間の開催。前日の5月2日から準備となります。前任校、さいわいなことに5月2日が創立記念日でした。ですから、いつも有給休暇をとって
準備していました。…つまり、5月2日から5月5日までの4日間、27年間、中之島まつり以外の場所へ行っていないということです。でも、一緒にがんばる仲間の顔ぶれは変わっているので、27年間ずっといるのはわたし以外にほとんどいないと思います。

いろんな人がいっぱい!
 このまつり、昨年のブログでも書いていると思うんですが、市民の手作りのまつりです。官製のものではありません。テキヤさんも多いんですが、障害者、環境などいろいろな市民団体がたくさん参加しています。今年で44回目ですが、30年ほど前は聴覚障害者はほとんどいませんでした。…それがわたしたちデフサポートおおさかの粘り強い参加で、「5月の連休は中之島公園に行けば手話で語り合える!」と広がり、今は聴覚障害者のイベントと間違う(いや、それ以上でしょう)くらい手話での語らいがあちこちに…。
  今は亡きわたしたちの団体の会長さんの、「こんな楽しいまつりに聴覚障害者がほとんど来ないなんておかしいじゃないか。われわれも市民活動の中に入っていこうじゃないか」という声で参加しはじめたんですが、継続は力なりということを実感します。他の障害者の人たちもいっぱいです。

一日分の動画アップです
 このまつりで何回もビデオを撮っていますが、連休最後の日に3日間の分を編集するのはしんどいので5月3日の分だけ編集しました。
 みんなのいきいきしている顔、動きをご覧ください。まつりの風景、いつもこんな感じなんですが、ちょっと今年は騒がしい感じです。あの「大阪都構想」。市民団体のほとんどは「反対!」の雰囲気でした。ここで詳述するのは控えますが、わたしも大阪都には反対です。